都呂津波シェルター
Tsuro Tsunami Evacuation Shelter

Tsuro Tsunami Shelter

全国で初の津波避難シェルターが、佐喜浜の都呂地区に位置しています。ここは「観光施設」ではないので、一般公開はされていませんが、室戸ジオパークにとっては大切な拠点施設です。室戸のそのエリアの約8割以上を山に覆われており、海と山に挟まれた少しの平地に地域住民は暮らしています。津波発生時、このシェルターはそうしたエリアに住む住民の命を守るための砦となります。また室戸ジオパークの防災教育プログラムでも利用されている大切な施設です。

The first Tsunami evacuation shelter in Japan is located in Tsuro, Sakiaham Town. Because it is not a tourism facility, it is not opened for public. However it is one of the precious stations of Muroto UNESCO Global Geopark. Over 80 percnet of the city land is covered by mountains, so locals live in very narrow flats area (usually very close to the ocean). This shelter, therefore, works to protect locals' lives when Tsunami occurs. Muroto Geopark also uses this facility for geohazard risk reduction education program.

アクセス

〒781-7220 室戸市佐喜浜町1007 番地

1007, Sakihama-cho, Murotoshi, Kochi, 7817220, JAPAN

注意事項

※本施設は津波発生時のための避難場所に指定されています。通常一般公開はされておらず周辺に駐車スペースもございません。室戸ジオパークが持つ防災教育ツアーに参加されることで内部見学が可能です。教育ツアーのお問い合わせは0887-22-5161(室戸ジオパーク推進協議会まで)

This facility is an evacuation shelter for locals and not opened for the public. If you are interested in go and look inside, please contact to Muroto Geopark Promotion Committee (TEL: +81-882-22-5161, Email: info@muroto-geo.jp).

​電話番号

0887-22-5161

営業時間

Gallery

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
1/1
< Previous Project
Next Project >